受変電設備とは

ビルや工場などで使われている電気は、一般家庭と同じように、ほとんどの場合、電力会社から購入しています。一般家庭の場合は、柱上で降圧された電圧200/100Vで家庭内に引き込まれていますが、ビルや工場などの一度にたくさんの電気を使うような施設では、6600Vや22000V、66000Vといった電圧で建物内に引き込まれています。そして電圧の高い電気をを、施設内にある、設備で100Vや200Vの電圧に降圧し、施設内でも一般家庭と同じように電灯やコンセントなどを使えるようにしています。このように、高圧で引き込んだ電気を使い易いように降圧する機器を変圧器(トランス)といい、建物内の全ての電気機器の容量に見合った変圧器を設置すれば目的が達せられます。

ビルや工場などでは必要容量分の変圧器さえあればれば、高圧で引き込んだ電気を、使い易い100Vや200Vの電気に変圧できますが、ただ単に変圧器さえあれば、良いというものでもなく、例えば配電線から雷が侵入するのを防ぐ装置や、何らかの原因で変圧器が故障したときに、事故が波及しないように遮断する装置や漏水などで漏電したときに、事故が波及しないようにする装置など、電気を安全に使う為の装置も必要です。一般家庭では、ブレーカーや分岐ボックスなどがそれに当たります。ビルや工場などでは、これらの装置のように、変圧器を中心に電力の分配・供給をより安全に行なうシステムとして取り扱われ、自家用受変電設備といいます。

受変電設備

Copyright (C) 電気主任技術者−電験3種の試験と実務 , All rights reserved.